新潟でインプラント治療や矯正ならオアシスデンタルクリニック・アピタフレンドリー歯科

外観

審美歯科

~審美歯科へのこだわり~

 当院には、“歯ならびが気になる”“歯の色が気になる”
といった悩みを抱えた患者さんが来院されます。その治療法はさまざまです。
審美治療で一番大事なことは、主訴の治療だけでなくお口の中の全体を診て、患者さんが望む最も良い状態をプロデュースすることと考えます。
だからこそ当院では、十分な時間をかけた上で患者さんにとって最適な治療スケジュールを決定していきます。

おもな治療法

歯並び・歯の形を治したい(詰め物、銀歯などが気になる)

治療後

after

治療前

before

セラミックインレー
部分的にをかぶせて歯の形態・色を美しくする方法です。
長期にわたって品質劣化するとこなく美しさを保てます。
治療後

after

治療前

before

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削って(0.5mm~0.8mm程度) セラミック製のつけ歯を貼り付ける方法です。
2回程度の治療で歯並びと色を美しくします。
治療後

after

治療前

before

セラミッククラウン
セラミックをかぶせて歯の形態・色を美しくする方法です。
長期にわたって品質劣化するとこなく美しさを保てます。
<セラミッククラウンの種類> 利点 欠点
ハイブリッドセラミッククラウン 安価で修理しやすい 色調が変わる
メタルセラミック 長期安定性がある メタルフレームが全体の色調を暗くする 歯茎の境目が黒くなる
オールセラミック 透明感が高い 土台がメタルだと使いづらい
ジルコニアセラミック 耐久性が非常に高い 表面のセラミックが
欠けることがある

歯のよごれをとりたい・歯を白くしたい

PMTC
自分ではきれいに磨いているつもりでもどうしても着色物(タバコのヤニ・茶しぶ等)や歯垢は歯についてしまいます。
それを隅から隅まで徹底的に特殊な器具を用いて清掃するのがPMTCです。
PMTC

before

PMTC

after

ホワイトニング
治療後

after

治療前

before

「歯を白くする」歯磨き剤は、いずれも歯の表面に付着したステインを削り落とすだけなので、思うほど効果が得られなかったというのが実状のようです。
しかし、このホワイトニングは今まで不可能とされていた歯自体の色調をコントロールする治療法で、プロフェッショナルな技術により理想的な白さに近づくことができます。

PMTCとホワイトニングの違い

ホワイトニング ・・・歯の色調自体を白く美しく変化させます。
歯を美しく見せたい方にオススメします。
詳しくはこちら
PMTC ・・・歯のすみずみまで徹底的に掃除をして新たなプラークを付きにくくし、
虫歯や歯周病予防へと繋がります。
詳しくはこちら

PMTC、ホワイトニング以外の方法で白くする

抜けた歯をなんとかしたい

失ってしまった歯にはインプラントがオススメです。
今までは、入れ歯やブリッジによって修復するのが一般的でしたが、インプラントが登場し自然な仕上がりと かみ合わせが可能になったことで、広く認知され普及しています。

歯茎の黒ずみを取りたい

治療後

after

治療前

before

歯茎エステが有効です。