新潟でインプラント治療や矯正ならオアシスデンタルクリニック・アピタフレンドリー歯科

外観

予防歯科

~予防歯科へのこだわり~

 今まで「ムシ歯、歯周病で歯が痛くなったら、悪くなったら」歯科医院で治療を受ければ良いという考え方が主流でした。 しかし、歯は一度削ってしまうと二度と元に戻りません。 一度歯を削り治療が終了しても、その後のケアが不十分だと、再治療になる可能性が高くなってしまいます。 治療をやり直せばなおすほど、歯は大きく削られていき結局皆さんの大事な歯を失うことになってしまいます。

私たちは、皆さんの歯を生涯を通して守るために一番重要な事は「歯科医が歯を削らない」ことだと考えます。 当院では初診の段階で「健康手帳」を作成し、担当の歯科衛生士によるマンツーマンでの十分なカウンセリングを はじめ、科学的な診査、診断に基づいた「あなただけの治療・あなただけのプログラム」を実践していきます。

予防処置の基本

歯科医院が患者さんにできること、患者さんが自分でできること

はじめにが科学的できめ細やかな診断をした上で、必要であれば最小限の治療を行い、 予防の為の目標と具体的なプログラムとして作成します。
しかし、いくらカウンセリングや科学的な診査、診断に基づいたあなただけの治療プログラムあなただけの「予防プログラム」がつくられたとしても、実行しなければ全く意味がありません。
むし歯や、歯周病は、身体の抵抗力とのバランスに関連しているため、
ホームケアによるプラークコントロールが重要になってきます。
食生活を含む日常生活は、ムシ歯や歯周病に大きく影響を与える為
患者さんには「あなたの健康は自身が守る」という意識を大切にして頂き、
そのために必要な専門的なアドバイスやバックアップは、わたしたちが全力で行います。
完璧なプラークコントロール

予防処置の流れ

STEP 1 お変わりありませんか?
お口の中に、気になるところはありませんか? 体調や持病のお薬などにも変化はありませんでしたか?など、前回の来院からの様子をお尋ねします。体調の変化やお疲れがお口の健康維持に影響することがあります。近頃変わったことなどありましたらお教えください。
STEP 2 お口の検査をします。
むし歯ができないか、歯周病は進んでいないか、治療してあるところに不具合は起きていないか etc.・・・・・・前回のカルテを見ながら、お口の健康状態をチェックし記録します。こうすることで、問題を早期に発見でき、必要なときには歯科医師がすぐに対応することができます。
STEP 3 染め出しをします。
プラークの染め出しをします。赤く染まったところは、プラークが残っている場所。こうすることで、みがき残しやすい場所がわかり、ご自分の要注意ポイントの確認ができます。
STEP 4 上手な歯みがきのコツをお教えします。
歯並びなどによっても、みがきにくい場所は人それぞれ。どうみがくとプラークが取れるかを、実際に試しながらコツをつかんでいただきます。また、ホームケアがラクになるケアグッズのアドバイスなどもします。
STEP 5 PMTCをします。
お口の中をクリーニングします。必要な場合は歯石を取り、患者さんのエナメル質の状態や被せものに合わせたペーストを選んで、ソフトに、しかし徹底的にプラークを取り除きます。エナメル質の修復効果や、殺菌効果のあるペーストも使うと、よりいっそうお口の健康維持に効果的です。
STEP 6 お口サッパリ、終了です。
隅々までスッキリとプラークが取り除かれ、舌でさわると歯の表面がツルツルします。これがプラークがすっかり落ちた、お口本来の感触です。この気持ちよさを憶えておいて、毎日のホームケアにもぜひ生かしてくださいね。
STEP 7 メンテナンス
治療によって得られた口腔内の健康な状態を維持させ、再発を防止することを目的としています。 歯周病は、細菌が原因の感染症で、慢性疾患であるため、コントロールはできますが、 完全な治癒は難しいためメンテナンスをしなければ、確実に再発してしまいます。ホームケアによるプラークコントロールには限界があるためプロッフェッショナルケアが必要になります。 適正な間隔のメンテナンスを持続することでかなり効果的にお口の健康は守られます。 リスク診断により出されたメンテナンスの間隔は守りましょう。

PMTCとスケーリング(歯石取り)の違い

スケーリングとは?
歯石は残った歯垢(しこう)が固まって石灰化したものです。
自覚がなくても、奥歯の磨きにくい箇所に歯石が付いていたり目には見えない歯石もあります。歯石が付くと歯ブラシでは絶対に取れません。プロによるクリーニングが必要となります。
歯石が付いていると見た目ばかりでなく、歯周病の原因となり将来的に歯が抜け落ちてしまう事になってしまいます。

スケーリング
スケーリング
スケーリング

PMTCとは?
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略称です。
専用の機械によって、着色やタバコのヤニ、茶渋などの歯の表面に付いた汚れを取り除く方法で、歯と歯の間など、自分では磨きにくいところやうまく磨けてないところを中心にクリーニングします。 歯の表面を軽く研磨し、フッ素を塗るので虫歯になりにくくキレイな状態を保つことができます。

PMTC
PMTC
PMTC
詳しくはクリーニングページをご覧下さい。

スケーリングとPMTCは目的も仕上がりも全く違います。両方のケアをしっかりすることで歯の隅々まで清潔で、健康的な歯と歯肉を維持しましょう。

予防検査って何するの?

むし歯や歯周病の原因は「歯周病菌」「むし歯菌の数」「食事の習慣」「お口の環境」原因が違えば、予防法も違います。その組み合わせは人それぞれなので毎日歯磨きをしていてもむし歯や歯周病になる人とならない人がいるのはそのためです。

1、カウンセリング 

問診によって全身的な危険因子を調べます。
糖尿病は、身体の抵抗力を低下させ歯周病の治りを、悪くする。
喫煙は、歯周病最大のリスクファクター
不摂生なせ生活は生活習慣病の温床
ストレスが多いと、歯ぎしりをするようになったりと身体の抵抗力が低下して歯周病が悪化する。
女性の思春期、妊娠、更年期は女性ホルモンの影響で歯肉に影響がでやすい。

以外に「薬の副作用」「骨粗鬆症」「多量の飲酒」「食生活の影響」等についても確認します。

2、お口の中の診察

診察によってお口の中の危険因子を調べます。
歯並びが悪いと、プラークがたまりやすくなる。
口の中の事に関心がうすいと、口の中の清掃がおろそかになる。
やわらかいもの、甘いものばかり食べていると、プラークができやすく栄養もかたよる。
口で呼吸する癖があると、歯肉が乾燥しやすくなり炎症が強まる。
歯ぎしりは、歯周組織に負担をかけ歯周病を悪化させる。

以外に「歯の形態」「良くない歯の治療(不適合な冠や詰め物など)」「食片圧入(食べ物が歯につまる)」「重度歯周病の概往」等についても確認します。

3、お口の状態検査

だ液検査
だ液の質、ムシ歯菌数を調べます。
歯周病原菌検査
歯周病菌数の多さを調べます。
症状によっては、顎間接のレントゲンや顎の動きの機能検査もあります。
全顎法レントゲン写真
歯槽骨の状態を調べます。
EPP
歯周ポケットの深さを調べます。
BOP
歯肉の抵抗を調べます。
歯の動揺度
PCR(プラークコントロールレコード)
プラーク(歯垢)の付着状態を調べます。
口腔内写真
施術前の状態を調べ、記録します。

健康手帳を作成し予防法をお伝えします