新潟でインプラント治療や矯正ならオアシスデンタルクリニック・アピタフレンドリー歯科

外観

矯正歯科

不正咬合の種類

叢生
(そうせい)

叢生 歯と歯が重なり合っている「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。

反対咬合
(はんたいこうごう)

反対咬合下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせで「受け口」のことです。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

上顎前突上の歯が下の歯よりも突き出ているかみ合わせで「出っ歯」のことです。

開咬
(かいこう)

開咬奥歯はかんでも前歯はかみあわずに開いている状態です。

様々な障害

1.むし歯や歯周病になりやすい

歯が重なったり凹凸に並んでいると、十分に歯みがきができずに食べかすもたまりやすくなります。
そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

2.よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬合ができません。
そのために、食べ物を正しくかむことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

3.顎の成長、顔のかたちにも影響する

顎の骨や顔の筋肉は、正しくかむことで発達します。
不正咬合だとそれができませんので、顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。

4.口もとが気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑うときについ口もとを手で隠したりします。
ストレスもたまり、歯ぎしり、肩こり、姿勢が悪くなりがちです。

5.発音しにくい

かみ合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。
とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。

矯正治療の流れ

歯科矯正が始まるまで

しっかりとカウンセリングを行います

1.カウンセリング
現在の問題点や悩みをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・期間・費用などを説明します。

2.精密検査
診断に必要な頭蓋全体のレントゲン、歯列の模型、写真などの資料をとります。
症状によっては、顎間接のレントゲンや顎の動きの機能検査もあります。

3.検査結果の説明
精密検査の結果をもとに、治療方針・期間・費用の詳細を説明します。

矯正治療開始

1.予防処置
基本的には必ず予防プログラムを受診していただきます。歯並びがよくなってもむし歯だらけになってしまっては意味がありません。
くわしくは予防のページをご覧下さい。

動的治療 2.動的治療(装置セット)6ヶ月~3年
矯正装置を装着して歯を動かし、段階的に治療を進めます。
装置の装着後は3~4週間ごとに通院します。目立たないセラミックの装置をあります。お気軽にご相談ください。

静的治療 3.静的治療(保定)1~2年
動的治療を終えてから、かみ合わせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかり安定させます。

矯正装置(固定装置)の種類

セラミックブラケット セラミックブラケット
セラミックブラケットとは、白色半透明セラミック製の審美ブラケットです。
歯に装着した際、目立ちにくく審美性に優れています。

メタルブラケット メタルブラケット

クリアプレート/マウスピース矯正
従来の矯正は、ブラケットと呼ばれるものを装着するのが一般的で見た目の印象が悪く歯列矯正を控えていた方も多いと思います。
クリアプレート/マウスピース矯正では、ブラケットやワイヤーを使わず、透明なマウスピース型の見えない矯正装置を使用します。
透明なので治療期間中の審美的ストレスから開放され、食事時に取り外せるなど、患者様にとって多くのメリットをもたらしてくれます。
そして、違和感も少なく、ホワイトニング(歯を白くする治療)も同時に行うことができます。

マウスピース

マウスピース

治療前

before

治療後

after